関西教育ICT展

関西教育ICT展で,九州の先進地が集まってのパネルディスカッションでした.「九州の先進地から見えるGIGAスクールの先にある学び」と題して,鹿児島県義務教育課の山本課長,田川市の𠮷栁教育長,高森町の古庄審議員,武雄市の徳永教育監に登壇いただき,コーディネートの役割でした.共同調達を展開して,市町村の導入を確実に支援できた鹿児島県教育委員会.一人1台の情報端末環境を既に実現して,オンライン学習で家庭学習を支援している高森町や武雄市.段階的な導入と運用が確実に進んでいる田川市.それぞれが先に進んでいる分,これまでの悩みや課題を共有していただき,とても参考になったところです.これからは,教師が構えずに,子供たちが一人1台の情報端末をどんどん触れることができるよう,日常的な活用をサポートしていくことが大切であることが伝わったと思います.