高森東学園との遠隔授業

4月24日,教職大学院の授業風景です.科目「人口減少社会でのICT活用の役割」で,熊本県高森町の高森東学園義務教育学校とテレビ会議システムでつないで,教職大学院生が遠隔で学びました.
講師は,高森東学園の塩村学園長と石井研究主任です.今回のテーマは,義務教育学校の特色と小規模校の教育課題解決です.熊本県内で初めての義務教育学校としてスタートして3年目です.しかし,その前から,特色ある取組を展開している学校(地域)で,学校情報化認定も先進校となっています.
塩村学園長から,学園の特色や校長の経営方針を話してもらい,たくさん質問させてもらいました.石井研究主任からは,問題解決的学習モデル「たかもり学習」とICT活用について話してもらいました.訪問しないと聞けないようなことも質問させてもらい,とても有意義な学びになったようです.
5月は,専門施設等との共同学習を予定しています.
教職大学院での遠隔授業は,公開しています.参観を希望される方は山本まで連絡いただければと思います.