鹿児島大学教職大学院遠隔授業

鹿児島大学教職大学院では,2019年度も遠隔授業を継続して取り組んでいます.連休中に報告します.
4月17日(水)に,三島村立三島小中学校(硫黄島)との遠隔授業を実施しました.この遠隔授業は,3年目を迎え,毎年数十回以上は,大学と小中学校をつなぎます.
まず,校長先生から,三島小中学校の取組の特色を話してもらいました.三島での山村留学の様子,他校との交流,職場体験学習など,特色ある取組の様子,小規模校での教育課題を解決するための取組を聞かせていただきました.校長先生の学校経営でのグランドデザインはとても参考になりました.
その後,院生から質問をさせていただき,院生での協議の場を設けて,離島小規模校での教育の特色と教育課題を考えました.今年度中には,硫黄島にお邪魔するかもしれませんが,テレビ会議を通して,事前にコミュニケーションすることで,つながりが一層深まることを実感したところです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です