ブログ

新たな学びの方向性

文部科学省より「新時代の学びを支える最先端技術活用推進方策(中間まとめ)が出されました。これによると「子供の力を最大限引き出す学び」を実現させるためには、ICTを基板とした遠隔技術などの最適な先端技術を活用することと示されました。特に、次世代の学校・教育現場を展開する上では、①遠隔教育②先端技術の効果的な活用③環境整備を進めていかなければなりません。詳細は下記のリンク先(文部科学省HP)でご覧下さい。

http://www.mext.go.jp/a_menu/other/1413322.htm

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

2020年度から完全実施をとなるプログラミング教育の実施に向けて全国各地で様々な取り組みがなされています。「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」では必修化に向けて小学校の様々な教科での取り組みが紹介されています。

https://miraino-manabi.jp/

未来の学び~プログラミング教育推進月間

2020年度から完全実施を迎えるプログラミング教育。どこの学校でも、地方自治体でも準備が進められています。そのような中、未来の学びコンソーシアムでは、今年9月に「プログラミング教育推進月間」と題し、企業を訪問や講師派遣、教材提供などをバックアップします。申し込み期限があるものもありますが、検討されてみてはいかがでしょうか。

https://mirapro.miraino-manabi.jp/

2018年度 教育の情報化推進フォーラム 

 日本教育情報化振興会(通称JAPET&CEC)では,2018年度の締めくくりの活動として,「教育の情報化推進フォーラム」を毎年開催しています.
それぞれの分野の専門家による講演や討論会,ワークショップ,セミナーなど多彩です.ICT夢コンテストの表彰式もあります.本研究会の会員の中にも表彰を受けた先生方が多数いらっしゃいます.

https://www.japet.or.jp/event/forumedu/

第67回九州地方放送教育研究大会鹿児島大会

2月15日に,67回九州地方放送教育研究大会鹿児島大会が開催されました.「デジタルが拓くこれからの学校」~学校放送番組・デジタル教材の有効利用をめざして〜という大会主題名の基,公開保育・授業,実践発表,校種別分科会,記念講演が行われました.
長田中学校での学級活動の授業は,安全(防災)教育に関する授業でした。NHK for Schoolの映像や学校職員で作成した映像をうまく活用した導入で,学校が一つになって作り上げている授業だということが伺えました.授業研究会は,ワークショップ形式で,九州各県から来た参加者が,グループ内で積極的に意見していました.総括として,鹿児島大学の山本朋弘准教授の指導助言コメントがあり,対話的な学びの授業デザインや,ICT活用のポイント,「困難をチャンスに変える,マインドセットが大切である」こと等を学びました.
午後から,全体会がかごしま県民交流センターで開催されました. NHK青少年・教育番組部の中野信子氏より,NHK for Schoolの新学習指導要領に即した番組ラインナップや,活用方法等の話がありました.その後,原口泉先生(鹿児島志學館大学教授,鹿児島県立図書館長,鹿児島大学名誉教授)による記念講演「西郷どんと鹿児島の教育」が行われました.
最後に,実行委員長である六笠校長先生から,来年度の開催県である宮崎県へ,バトンが渡されました.宮崎県ならではの充実した会になることを祈念いたします.

鹿児島県総合教育センター「かごしまプログラミング教育校内研修パック」(略称:かごプロパック)完成!!

鹿児島県総合教育センターの情報教育課では,「かごしまプログラミング教育校内研修パック」(略称:かごプロパック)を作成し,HPで公開しています。鹿児島県総合教育センターのHPから,利用申請フォームを送ることができますので,是非研修等で活用されてみて下さい。