ブログ

鹿児島大学教育学部ICT活用促進フォーラム開催

2月16日(日)13時から,鹿児島大学学習交流プラザにおいて,ICT活用促進フォーラムが開催されました.雨の中の開催でしたが,多くの先生方にお越しいただき,会場は満席でした.
「4月から大丈夫!プログラミング教育の総復習」と題して,先進的にプログラミング教育に取り組んでいる佐賀県唐津市高島小学校 ,福岡県うきは市千年小学校,熊本県高森町立高森中央小学校,鹿児島大学教育学部附属小学校から事例発表がありました.また,株式会社EdLog 代表取締役社長の中川哲先生に,「Society5.0時代の一人1台端末環境と情報活用能力育成」と題して,講話をしていただきました。最後に実施されたトークセッションでは,鹿児島県教育委員会指導主事,鹿児島県総合教育センター指導主事,鹿児島市学習情報センター指導主事,霧島市メディアセンター指導主事の先生方に御登壇いただき,中川先生,山本先生も加わって,鹿児島の情報化の今後について活発な議論がかわされました.
Googleフォームにより,会場から意見や質問を出してもらい,登壇された先生方にその場で答えていただく方式で進めていきました.
次年度も開催予定ですので,是非お越しください!

熊本県高森町「新たな学び」研究発表会開催

10月25日(金)に熊本県阿蘇郡高森町において,熊本県高森町「新たな学び」研究発表会が開催されました.午前中は高森中央小学校にて7本,高森中学校にて6本の授業公開が行われました.午後からは全体会として,文部科学省の髙谷情報教育・外国語教育課長の基調講演,高森町有識者である清水東京工業大学名誉教授,新地宮崎大学理事・副学長,堀田東北大学大学院教授,山本鹿児島大学准教授の豪華メンバーによる授業報告やパネル討論が行われました.熊本県教育委員会をはじめ,県内外から400名を超える参加者があり,関心の高さを感じさせました.今後の展開が楽しみです.

JAET全国大会島根大会にて報告

10月18日〜19日に行われたJAET全国大会島根大会が,松江市で開催されました.本研究会からも7名の先生方が発表しました.それぞれ鹿児島大学の山本先生のご指導を受けた実践です.フロアからの質問も多くあり,学びの多い発表になりました.いよいよ来年は鹿児島大会.全国各地から多くの実践者の皆様がいらっしゃることを心からお待ちしております.

JAET島根大会

本年度もJAET全国大会が令和元年10月18日(金)〜19日(土)にかけて実施されます.今年の会場は島根県.全国の先進的な取組が発表されます.当研究会からも複数実践発表をする予定です.来年度の鹿児島大会に向けて,着実な取組をご紹介できたらと考えております.ぜひ,多くの方のご参加いただき,ご指導いただければと思います.詳しくは下記の関連サイトからご覧ください.

JAET島根大会特設サイト

熊本県高森町「新たな学び」研究発表会開催

令和元年10月25日(金)に本年度も熊本県高森町の研究発表会が開催されます.例年多くの参加がありますが,本年度も例年以上に盛り上がりそうです.来年度から完全実施となるプログラミング教育を始め,ICTを活用した主体的・対話的で深い学びを目指す小中学校合わせて13本の授業が公開されます.ぜひ,特設サイトをご覧いただき,お誘い合わせの上ご参加ください.

熊本県高森町「新たな学び」研究発表会特設サイト

高森町情報活用親子セミナー・高森町教育フォーラム開催

5月25日(土)に熊本県阿蘇郡高森町において,高森町情報活用親子セミナー及び高森町教育フォーラムが開催されます.本年度は,地元紙「熊本日日新聞」社様や地元放送局RKK様,株式会社Dynabook様のご協力のもと,プログラミング教育はもとより,新聞づくりやニュース番組づくりに挑戦します.また,午後からは高森町教育フォーラムも実施されます.詳しい内容は下記のURLからアクセスされてください.多くのご参加お待ちしております.

高森町教育フォーラム&情報活用親子セミナー

JSET研究会 in 鹿児島大学

本日,鹿児島大学でJSET研究会が行われています.県内外から多くの実践者・研究者が集い,熱い議論が交わされています.鹿児島や熊本の会員も発表します.九州にこのような幅広い先進的な実践が広がっていけばと考えています.

JAET全国大会鹿児島大会の実行委員会

全日本教育工学研究協議会全国大会鹿児島大会の準備実行委員会を開催しました。今年度第1回となります。連休初日で、行楽日和にも関わらず、50名を超える先生方に参加いただきました。鹿児島の教育を盛り上げたいと思っている方々ばかりで、有り難い限りです。夜は、懇親会も開催して、親睦が深まりました。
鹿児島県内の取組を共有して、今後の研究の方向性を検討する上で、以下の先生方に事例発表をお願いしました。それぞれ異なる分野から発表いただき、充実した内容でした。
霧島市メディアセンター副所長兼指導主事 北原利郎 先生
日置市立妙円寺小学校 教諭 三宅 徹哉 先生
鹿児島市立玉龍中学校 教諭 上白石 修 先生

次回の実行委員会には、研究テーマ(大会テーマ)の案が決まるような感じです。順調にスタートしています。

鹿児島大学教職大学院遠隔授業

鹿児島大学教職大学院では,2019年度も遠隔授業を継続して取り組んでいます.連休中に報告します.
4月17日(水)に,三島村立三島小中学校(硫黄島)との遠隔授業を実施しました.この遠隔授業は,3年目を迎え,毎年数十回以上は,大学と小中学校をつなぎます.
まず,校長先生から,三島小中学校の取組の特色を話してもらいました.三島での山村留学の様子,他校との交流,職場体験学習など,特色ある取組の様子,小規模校での教育課題を解決するための取組を聞かせていただきました.校長先生の学校経営でのグランドデザインはとても参考になりました.
その後,院生から質問をさせていただき,院生での協議の場を設けて,離島小規模校での教育の特色と教育課題を考えました.今年度中には,硫黄島にお邪魔するかもしれませんが,テレビ会議を通して,事前にコミュニケーションすることで,つながりが一層深まることを実感したところです.